柴犬LOVE

犬と言えば柴犬!子供のころから柴犬を飼っている、ブリーダーのサイトです。柴犬は犬のなかでも賢く、愛嬌がある犬です。柴犬のよさを引き出す飼い方やしつけ方法、長生きの秘訣までをご紹介します。

*

柴犬が下痢をする5つの原因。続くときの対処法について

   

柴犬は頑丈で病気にも強いのですが、とはいっても長く一緒に生活していると病気の一つくらいはしますよ。

その中でも下痢は多いかもしれません。

普通はコロコロしたうんちなのですが、たまに柔らかいうんちが出ますからね。

きにしないときもあるのですけど、毎日続くとさすがに気になります。

いつも同じ物を食べさせているのに下痢になるのはどうして?

そんなところから、柴犬の下痢の原因とその対処法を紹介します。

柴犬の下痢

下痢といっても、柴犬の子犬や老犬の場合では体力がないので、気を付けていないと急に症状が悪化する場合もあります。

まずは以下の点に注意してみましょう。

 

元気があるか食欲はあるのか

元気があって食欲もあるようでしたら、それほど心配はいらないでしょう。

いつもと同じペットフードを食べているのに下痢になる…といって心配する飼い主さんも多いのですが、そのとき土器の柴犬の体調によって下痢になることはよくあります。

 

元気がなくて食欲も無いようなら心配ですけど、元気もりもりで散歩もこなして食欲もあるようでしたら、一過性の下痢の可能性が高いので心配はいらないでしょう。

もちろん、下痢が長引くようでしたら病院に連れて行くようにしてください。

 

この場合の原因は柴犬の体調ということになりますね。

長く飼っていたらこういうこともあるということですね。

放って置いたら直るというのが対処になるでしょうか。

 

下痢の期間

下痢の期間が2日以上ということになると、さすがに心配になってきます。

何か飼い主の目を盗んで変なものを食べてしまったのが原因の場合もありますし、単に体調の問題の可能性も捨てきれません。

 

肝心なのは柴犬の体調をしっかりと見定めることです。

下痢なだけで、元気いっぱいであれば、そして食欲もあれば問題ないですよ。

通常下痢が続くと柴犬も脱水症状になってぐったりとしてしまうものなのですが、食欲がある場合は腸が食べ物を受け付けるということですから、問題がないのです。

 

嘔吐をしている

下痢だけではなく嘔吐がある場合は多少深刻に考えなくてはいけないでしょう。

この場合は、健康のバロメータでもある、食欲がないはずです。

何か悪いものを食べたのでしょう。

 

または、食べる意思があっても嘔吐してしまうのですから、体が受け付けないということですね。

ウィルス性のものかもしれないので、病院に早めに連れていきましょう。

病院では対処療法となるのですが、点滴を受けることができますし、ウィルス性の疾患でしたら、ワクチン注射も打ってもらえるでしょう。

 

うんちの回数はどのくらい?

うんちの回数はどのくらいでしょうか。

それと普段のうんちの回数はどれくらいかも把握しておきましょう。

わたしの柴犬の場合でしたら、朝夕の回うんちをします。

 

個体差もあるようですから、一日一回のうんちでも普通のようですよ。

それが、下痢になるとうんちの回数も増えるでしょう。

 

普段でしたら、散歩でしかうんちをしない柴犬がトイレシートにしっかりうんちをするのでしたら、普通じゃないと思いますよね。

それも、下痢のうんちですから、柔らかくなっています。

水分を多く含んでいますから、脱水症状にならないように注意してあげてください。

 

うんちの回数が多いのと下痢はそれほど関係ありません。普通の状態でもうんちの回数が多いときもありますから。

下痢自体は体の防衛本能とも言えるので、腸の中のうんちを出し切るというのも、対症療法としてはいいかもしれません。

これも人間と一緒ですよね。

 

うんちに血が混じっている

柴犬の下痢がひどいときは、うんちに血が混じっていないかも確認してみてください。

他にはゼリー状の粘膜が付いていないかなどもチェックです。

柴犬の下痢には、大きく二つの種類があります。

 

一つは小腸性の下痢で、もう一つが大腸性の下痢です。

後でも紹介しますが、うんちに血が混じるとか、ゼリー状の粘膜が出る場合は小腸性の下痢です。

この場合も早めに病院に連れていくようにしてください。

 

柴犬の下痢の原因

元気があって食欲もある下痢の場合、下痢の期間が長くなる場合、嘔吐をしている、さらには下痢の回数が多い、そして血が混じるといった5つの症状が主に柴犬の下痢の症状及ですね。

原因は、食べ物、ストレス、ウィルスや細菌、胃腸の病気に寄生虫といった5つとなります。

 

原因といっても、普通にしていても人間と同じように下痢になることもあるので、一概には何とも言えません。

一つ飼い主さんが対処できるとしたら、普段の元気いっぱいのときの柴犬の体調をしっかりと覚えておくことです。

そうすると、元気なときの柴犬と下痢のときの元気のない症状を見せる柴犬を比べることで、体調が悪いんだなということがわかるのです。

柴犬の下痢の種類

柴犬の下痢の種類は、小腸性と大腸性の2つに分けられます。

病院では、症状によって薬が違うので、症状をきちんと説明できるようにしておきましょう。

 

小腸性の下痢の症状

1回の便の量が多いです。

回数はそれほど増えないので、下痢かなという判断は柔らかさですね。

 

それと、小腸に出血がある場合に血が混じるあるいは、うんちの色が黒くなります。

小腸性の下痢の場合は、小腸大腸から栄養の吸収ができなくなるので、長引いた場合は体重が落ちてしまうケースがあります。

 

また、口臭があり、お腹も張ってくるような症状が見られるので、この場合は小腸性の下痢の可能性が高いのです。

それと、小腸性の下痢では嘔吐もすることが多いので、これも判断基準になるでしょう。

 

大腸性の下痢の症状

1回の便の量は少ないですが、回数が増えます。

血混じりのうんちやゼリー状の粘膜が出ることが多いです。

人間の下痢と一緒でがまんできずにそこらにうんちをしてしまうことがあります。

 

ですから、トイレシートに間に合わなかった場合でも怒らないようにしてあげてください。

といって、最初は怒ってしまいがちですから、トイレシートに間に合わなかったら、どうしたのかなとまずは一呼吸おいてうんちを確認してあげてくださいね。

 

大腸性の場合、うんちの回数は多いのですが体重の減少はそれほど大きくはありません。

小腸でしっかり吸収ができているからですね。

大腸性の下痢でも嘔吐がありますが、頻度は小腸性の下痢には及びません。

 

そして、下痢の場合ではうんちに血が混じることが多いです。

これは柴犬の下痢ではよくあることです。

 

言わば付きものですから、それほど慌てることはありません。

まずは病院で診てもらいましょう。

また、元気いっぱいで食欲もあるのでしたら、前述していますがすぐに病院に駆け込む必要はないですからね。

 

下痢のときの食事

柴犬が下痢のときの食餌はどうしたらよいでしょうか。

柴犬の下痢の原因は、様々ですが一時的な下痢の場合がほとんどです。

 

そんなときは、半日から2日程度絶食をさせて、胃腸を休めることが下痢対策として一番大切です。

わたしは、病院の先生にそれを聞いて、柴犬が下痢のときに実際に実践してみたのですが、おもしろいように下痢の症状が治まりますよ。

 

人間も下痢のときはおかゆが良かったりするので、胃腸を休めるのは柴犬にも大切なことだと思います。

そして、大事なのは、普段の柴犬の様子をしっかりと自分で把握することです。

 

これは、柴犬を飼うときというか犬や他のペットを飼うときの基本なのですけど、普段と違うのでしたら、それがすなわち異常ということですからね。

飼い主たるもの、すぐにでも柴犬の異変に気づいてあげるようにしなくてはいけませんよ。

 - 柴犬の病気、体調不良 , , , ,

  関連記事

柴犬がご飯を食べないときの原因。症状のチェックリストと対処法

柴犬は本来、とても頑丈な動物です。 長く室外で飼われていたこともあって、小型犬で …

【闘病記録】柴犬の認知症の症状と原因。できる対策はいっぱいある!

柴犬にも人間と同じように認知症があるんです。 ドッグフードなどの栄養がよくなって …

皮膚炎になりやすい柴犬のアレルギー対策。ドックフードを見直してみよう

柴犬はとても頑丈で健康的なイメージですね。 足腰もしっかりしていて走るのも速いの …

長生きするために気を付けよう!柴犬が注意したいかかりやすい病気まとめ

大好きな柴犬ですから、少しでも長生きしてもらって一緒にいたいですね。 それでも柴 …

皮膚病になりやすい柴犬。症状と治療方法について。予防対策まで!

健康そのもので病気にならないのが柴犬の長所とされているのですが、唯一といっていい …

柴犬はアトピーになりやすい!皮膚炎の対策とシャンプー方法

柴犬は健康的な犬で病気にも強いのですが、唯一のウィークポイントがあるんです。 そ …

柴犬がかかりやすい目の病気。目やにや目の周りが黒いのはなに?

柴犬は本来頑丈で健康体ですから、それほど大きな病気はしません。 それでも、目の病 …

柴犬が震える原因はなに?呼吸が荒いなどの症状別の対処法

柴犬がときたま体を震わせていることはないでしょうか。 柴犬の体が震えるのは、何か …