柴犬LOVE

犬と言えば柴犬!子供のころから柴犬を飼っている、ブリーダーのサイトです。柴犬は犬のなかでも賢く、愛嬌がある犬です。柴犬のよさを引き出す飼い方やしつけ方法、長生きの秘訣までをご紹介します。

*

柴犬がかかりやすい目の病気。目やにや目の周りが黒いのはなに?

   

柴犬は本来頑丈で健康体ですから、それほど大きな病気はしません。

それでも、目の病気にかかることもあるので、日頃から目やにが付いていないか目の周りが黒くなっていないかなどもチェックしておいたほうがいいですよ。

今回は、柴犬がかかりやすい目の病気についてを、原因と症状、対処方法をご紹介します。

柴犬の目の症状

柴犬が老犬になるとかかりやすいのが白内障ですが、これは老犬になるとかなり多いですし、覚悟はしておかなければいけない病気です。

まあ、老化の一種と考えられなくもないのですけどね。

 

それ以外の目の病気となるといろいろなものがあるのですが、まずは、日頃から柴犬の目には注意を払うようにしてください。

柴犬の目がいつもと違って見えるようでしたら何かの病気かもしれませんし、考えてみたらチェックしやすい部分かもしれません。

 

目がトロンとしてる

柴犬の目に輝きがなくてトロンとしている場合があります。

人間でいうと、飲み過ぎた目とか、寝過ぎた目に近いのですけど、柴犬の寝起きの顔もそんな感じなんですよ。

ですから、寝起きのときはそれほど心配はしなくてもいいのかなと思うのですけど、それがずっと続くようだったら心配になりますね。

 

病気のときは目に現れるとよくいいますからね。

特に目がトロンとしているときは細菌に感染している場合もあるので、病院に連れていくようにしましょう。

 

それと、目の輝きがないとか、瞳の色が違う場合などは、結膜炎などで目が充血している場合もあります。

このとき、白く濁っていれば白内障の可能性もありますよ。

 

白内障は柴犬の老犬に起こるものと考えがちですけど、成犬にも白内障は起こりうるんだそうです。

特に散歩が大好きで、長時間紫外線にあたっていると成犬でも白内障にかかることがあるようですから、散歩の際などは気をつけたいですね。

 

柴犬も糖尿病にかかる

柴犬も糖尿病にかかるんですよ。

糖尿病によって様々な疾患が誘発されるのは人間と同じですけど、成犬の場合の白内障もそうです。

そして、糖尿病から白内障になると、短期間に症状が進行してしまいます。

 

瞳の白濁が顕著な場合は、白内障だけではなく、視力を低下させるブドウ膜炎の可能性もあります。

いずれにしてもこの場合は速やかに病院で診てもらうようにしましょう。

 

それと、わたしの柴犬の例ですけど、瞳がブルーっぽくなったんですよ。

綺麗なブルーなので見とれていたのですけど、異常は異常ですからね。

 

病院に連れていって診てもらったら、伝染病の肝炎でした。

綺麗だからって見とれている場合じゃないですよね。

 

涙や目ヤニがたくさん

柴犬の目から涙がたくさん出ると、それが目やにになる場合があります。

涙は目を守るために出るものですから、何かの要因があるのですが、それが頻繁に出るとなるとやはり問題ですね。

目やにがひどい場合は、角膜が傷ついている場合もありますよ。

 

猫を飼っている家庭ですと、猫と柴犬がじゃれあって微笑ましいと感じるのですけど、猫パンチってけっこう凶器で、それが柴犬の眼球を傷つけることもあるので要注意なんです。

うちの柴犬がまさにそれで、猫パンチで目をやられてしまいましたからね。

 

眼球でも周囲の膜だけだったので、病院で治療をしてもらって事なきを得ました。

実際に犬の目を守る機能もしっかりしているので、眼球の深い部分が傷つくことはまずないそうです。

 

目やにの色にも注意

柴犬の目から、黒や白い目ヤニがたくさん出ている場合があります。

これは、ドライアイの可能性があるので要注意ですよ。

柴犬にもドライアイ?

 

誰もがそう思うのですけど、冬の間は部屋の中が乾燥しますからね。

特に室内飼いをしていて、暖房ががんがんにかかっている室内でしたら、部屋の湿度はかなり下がっているはずです。

 

そのような状態でしたら、柴犬も普通にしていてもドライアイにかかるケースが多いのです。

また、ドライアイの性質として、免疫力が弱くなっているときにかかりやすいとされています。

そして、甲状腺の機能が低下しているときもドライアイになりやすいとされているのです。

 

いずれにしても、病院での治療が必要になりますよ。

それと現在では外飼いの柴犬は少なくなっているというか滅多に見ることがないのですが、外飼いの場合でしたら、ハエなどを媒介にした寄生虫が柴犬に住み着いて目やにが出ることがあります。

このような目やには放っておくと白内障と同じで視力低下を起こすことになるので注意が必要ですし、気がついたときには病院での治療が必須と覚えておいてくださいね。

目がしょぼしょぼ

目がしょぼしょぼしている柴犬もいますよね。

わたしの柴犬はいつもそうなんです。

これで、充血していたら角膜炎なども気になるので、病院で診てもらったほうがいいのですが、単にしょぼしょぼしているだけでしたら、放っておいて様子を見ましょう。

 

ずっとしょぼしょぼしていたら病院ですけどね。

柴犬は周囲の明るさに合わせてピントを合わせる調節機能が人間より優れているらしいんです。

 

光に対する順応が早いので光によって目がしょぼしょぼするということですね。

それが、充血している場合でしたら、緑内障、結膜炎、角膜炎、さらにはドライアイなど、様々な目の病気の可能性があるので気になる場合は病院に連れていってください。

柴犬は嗅覚や聴覚が優れているわりに視力が強くないんです。

 

嗅覚や聴覚が良ければ犬ってなんとかなりそうな気がするんですけど、やっぱり視力が落ちたら大変ですからね。

日常生活にも支障を来してしまうので、このような場合は速やかに病院で診てもらってください。

 

異物が目に入ったら

この場合、人間の場合は目をかいたり目薬をさすことで対応するんですけど、柴犬の場合も目薬が効果がありますよ。

但し、注意点として、刺激の無いタイプの目薬を使用することです。

目薬はホウ酸水などで作るといいですよ。

 

基本は人間用のすーっとする目薬の成分が入ってないタイプがいいですよ。

もっとも、探しにくいかもしれないので、病院に行ってもらってきたほうがいいでしょう。

 

柴犬の状態を見て、目に入ったゴミや異物が自然に出てくるのでしたらいいのですが、目をしょぼつかせること、さらには痛がったりしたらすぐにでも病院に行って診てもらうようにしましょう。

痛みや痒みで柴犬が前足で目をかいたりすることで、眼球を傷つけさせないように気をつけてください。

 

そうなると、症状が悪化してしまいます。

余談ですがホウ酸水の作り方を伝授します。

 

ホウ酸3gを約60℃のお湯(150ml)で溶かして冷ますだけです。

簡単ですよね。

ホウ酸は¥200円くらいで薬局で売られているもので大丈夫です。

 

柴犬と目の病気

柴犬が老犬になると、白内障の心配をしなくてはいけないのですが、もう一つ緑内障の心配もあります。

これは老犬にかかわらずかかる病気です。

症状として見られるのは、目の充血や角膜などの浮腫が原因で、目の痛みがあります。

 

目の痛みが起こるため、元気が無かったり、食欲がない、さらには寝る時間が多くなるなどの症状が見られます。

但し、行動が見た目で目に関連していないように見えるために発見が遅れるのが緑内障の恐いところなのです。

 

ですから、常日頃から柴犬の行動には目を光らせておいたほうがいいですね。

柴犬にとって目は健康のバロメータです。

目の周りが黒くなっていないか、目やにがたくさん出ていないかといったチェックは飼い主としては当然のことですから、しっかりチェックしてくださいね。

 - 柴犬の病気、体調不良 , , ,

  関連記事

皮膚病になりやすい柴犬。症状と治療方法について。予防対策まで!

健康そのもので病気にならないのが柴犬の長所とされているのですが、唯一といっていい …

【闘病記録】柴犬の認知症の症状と原因。できる対策はいっぱいある!

柴犬にも人間と同じように認知症があるんです。 ドッグフードなどの栄養がよくなって …

柴犬が下痢をする5つの原因。続くときの対処法について

柴犬は頑丈で病気にも強いのですが、とはいっても長く一緒に生活していると病気の一つ …

長生きするために気を付けよう!柴犬が注意したいかかりやすい病気まとめ

大好きな柴犬ですから、少しでも長生きしてもらって一緒にいたいですね。 それでも柴 …

柴犬が震える原因はなに?呼吸が荒いなどの症状別の対処法

柴犬がときたま体を震わせていることはないでしょうか。 柴犬の体が震えるのは、何か …

皮膚炎になりやすい柴犬のアレルギー対策。ドックフードを見直してみよう

柴犬はとても頑丈で健康的なイメージですね。 足腰もしっかりしていて走るのも速いの …

柴犬はアトピーになりやすい!皮膚炎の対策とシャンプー方法

柴犬は健康的な犬で病気にも強いのですが、唯一のウィークポイントがあるんです。 そ …

柴犬がご飯を食べないときの原因。症状のチェックリストと対処法

柴犬は本来、とても頑丈な動物です。 長く室外で飼われていたこともあって、小型犬で …