柴犬LOVE

犬と言えば柴犬!子供のころから柴犬を飼っている、ブリーダーのサイトです。柴犬は犬のなかでも賢く、愛嬌がある犬です。柴犬のよさを引き出す飼い方やしつけ方法、長生きの秘訣までをご紹介します。

*

柴犬はアトピーになりやすい!皮膚炎の対策とシャンプー方法

      2018/04/07

柴犬は健康的な犬で病気にも強いのですが、唯一のウィークポイントがあるんです。

それが、皮膚炎ですね。

柴犬ってアトピーになりやすいんですよ。

それだったら、健康的ではないのでは?全くその通りなのですが、全ての柴犬がアトピーになるわけでもないですからね。

ここでは、柴犬はアトピーになりやすいという前提で、皮膚炎の対策とシャンプーの方法なども紹介していきます。

柴犬は健康じゃないの?

柴犬って見た目もそうだし、すごく健康的に見えるんだけど…。

確かに柴犬は健康そのものですよ。骨格もしっかりしているし、筋肉も隆々で力持ちなんです。

それでも、どんな柴犬でも健康的とばかりは言えないこともあるんです。

 

柴犬がかかる病気も高齢になってからの認知症や白内障くらいですからね。

これって人間と同じで寿命が延びてきたのでしかたなくかかる病気ですから、柴犬のせいにするのは酷ですものね。

タフですし、他の犬種と比べても病院にかかる頻度は極端に少ないと思います。

 

そのような柴犬ですけど、かかりやすい疾患として皮膚炎があるんです。

こればかりはしょうがないですかね。それでも柴犬だから必ずかかるというものではありません。

 

ですから、柴犬が唯一かかる疾患と考えてもいいかもしれません。

それでも、それがアトピーだから少し厄介なんですよ。

 

柴犬とアトピー

たまに顔周りが黒くなっている柴犬を見かけることがあります。

これは皮膚炎になっている柴犬ですよ。

柴犬に見られる皮膚病で多いのがアトピーですね。

 

一口に皮膚炎と言っても、種類はたくさんあるんです。

皮膚炎毎に症状や原因、さらには対策方法も変わってくるので、それぞれについて症状や対策を書いてしまうと大変なことになってしまうので簡単に説明しますね。

柴犬で多い皮膚炎の種類は、二つあります。

 

一つはアトピー性皮膚炎で、もう一つがアレルギー性皮膚炎です。

二つとも似たような感じの皮膚炎というか、同じじゃないの?という声も聞こえてきそうです。

 

このアトピー性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎ですが、同じように見えて少し違うんです。

その違いは、アトピー性皮膚炎の元となるものがアレルギー性皮膚炎ということなのです。

 

アトピー性皮膚炎というのは大気中にある、ハウスダストを吸うことで皮膚の炎症を引き起こしてしまいます。

一方、アレルギー性皮膚炎ですが、これはアレルゲンとなる食物や植物を摂取することで発症するものです。

アトピー性皮膚炎てどんなもの?

アトピーになるとどんな症状が出るのでしょうか。

一般的な症状として、皮膚が赤黒くなり、かゆみや脱毛、さらには外耳炎となることが追いです。

柴犬のアトピーの場合、症状は全身どこでも現れます。

 

特によく見られる個所では目の周りなどが多いですね。

他には、口元や頭部に現れる事があります。

 

アトピーを発症してしまうと、かゆみに耐えきれなくなってかいてしまったり、床にこすりつけたり、舐めたりしてしまいます。

毛が抜けてしまうことがあるので、アトピーの患部だけ穴が開いたような感じになることもあるのです。

 

柴犬のアトピーの原因

カビやダニ、花粉にほこり、さらには真菌などが元となって、これらを吸引する事でアトピーが発症します。

大気中にあるあらゆるものが原因となるので、原因を特定するのに時間がかかってしまうのです。

 

体質的にアトピーの要因を持っている柴犬は、梅雨時になると症状が悪化する事が多いです。

そのため、その時期は充分に気を付けてあげる必要があるでしょう。

 

柴犬のアトピーの対策と治療

柴犬がかかりやすいアトピーは体質的なものなので、完治する為の治療が確立されていないのが現状のようです。

人間でもアトピーって治りにくいというか、症状が悪化しないように気をつける類いのものですからね。

 

軽症の柴犬だったら、夏の時期だけアトピーが発症するのですけど、重たい柴犬の場合は、年中アトピーの症状が現れてしまうんです。

処方としては、抗ヒスタミン剤やインターフェロンといった薬がいいようですけど、当然病院で処方してもらわないといけません。

 

どんな薬を投与するのかは、病院の先生の判断によりますよ。

自宅で対策ができるとしたら、薬用シャンプーですね。

それと柴犬を薬浴するといいんですけど、柴犬ってお風呂に入るのもシャンプーするのも嫌がるんですよ。

 

それでも、ここは心を鬼にしてシャンプーと入浴をさせましょう。

ドライシャンプーも試してみたことがあるのですけど、ふけが出やすかったりするので、逆効果というかなんかすごく散らかるんですよ。

これって逆効果じゃないかなと思ってうちの柴犬にはそれっきりです。

 

それでも、個体差があるのでドライシャンプーの合う柴犬だったら楽でしょうね。

アトピーの対策としては、薬用シャンプーは効果があると思います。

 

予防というよりはアトピーの症状を和らげるといったほうがいいでしょうね。

柴犬も嫌がると思いますが、強く言い聞かせたら本来が飼い主に忠実な柴犬ですから、シュンとしながら言うことを聞いてくれると思いますよ。

 - 柴犬の病気、体調不良 , , , ,

  関連記事

柴犬が震える原因はなに?呼吸が荒いなどの症状別の対処法

柴犬がときたま体を震わせていることはないでしょうか。 柴犬の体が震えるのは、何か …

皮膚炎になりやすい柴犬のアレルギー対策。ドックフードを見直してみよう

柴犬はとても頑丈で健康的なイメージですね。 足腰もしっかりしていて走るのも速いの …

【闘病記録】柴犬の認知症の症状と原因。できる対策はいっぱいある!

柴犬にも人間と同じように認知症があるんです。 ドッグフードなどの栄養がよくなって …

柴犬がご飯を食べないときの原因。症状のチェックリストと対処法

柴犬は本来、とても頑丈な動物です。 長く室外で飼われていたこともあって、小型犬で …

皮膚病になりやすい柴犬。症状と治療方法について。予防対策まで!

健康そのもので病気にならないのが柴犬の長所とされているのですが、唯一といっていい …

長生きするために気を付けよう!柴犬が注意したいかかりやすい病気まとめ

大好きな柴犬ですから、少しでも長生きしてもらって一緒にいたいですね。 それでも柴 …

柴犬が下痢をする5つの原因。続くときの対処法について

柴犬は頑丈で病気にも強いのですが、とはいっても長く一緒に生活していると病気の一つ …

柴犬がかかりやすい目の病気。目やにや目の周りが黒いのはなに?

柴犬は本来頑丈で健康体ですから、それほど大きな病気はしません。 それでも、目の病 …