柴犬LOVE

犬と言えば柴犬!子供のころから柴犬を飼っている、ブリーダーのサイトです。柴犬は犬のなかでも賢く、愛嬌がある犬です。柴犬のよさを引き出す飼い方やしつけ方法、長生きの秘訣までをご紹介します。

*

皮膚病になりやすい柴犬。症状と治療方法について。予防対策まで!

      2018/04/15

健康そのもので病気にならないのが柴犬の長所とされているのですが、唯一といっていい疾患があります。

それが皮膚病です。柴犬って皮膚が弱いんですよ。ですから、しっかりと柴犬の皮膚の症状をチェックするようにしましょう。

そして皮膚病の予防対策なども紹介します。

柴犬の皮膚病

柴犬は健康的な犬種で、病気知らずとも言われているくらい頑丈な犬です。

そんな柴犬でもパーフェクトというわけではなくて、皮膚については弱い面を持っているのです。

うちの柴犬皮膚が弱かったですよ。

 

アレルギー性皮膚炎だったんですけど、お腹がかぶれてきてどうしたのかなと思っていたら皮膚が赤くなっていて、病院にすぐに連れていったんです。

そこで、柴犬が皮膚病にかかりやすい犬種だということを初めて知ったんです。

 

ですから、柴犬に多い病気の一つとして皮膚病があって、その中でも多いのが「アレルギー性皮膚炎」ということですね。

アトピーは?という人もいるでしょう。アトピーは柴犬に多いです。

そして、アトピー性皮膚炎というのはアレルギー性皮膚炎の中の一つなんですよ。

 

このあたりがややこしいのですけど、アレルギー性皮膚炎の中にアトピーがあると考えてくださいね。

このアレルギー性皮膚炎というのは、柴犬に限らず全ての犬が患う疾患です。

 

それでも、柴犬の皮膚病は、いろいろな意味で他の犬種よりも管理が難しいとされているんです。

ですから、アレルギー性皮膚炎というのは、なかなかやっかいな病気なんですよ。

 

柴犬とアレルギー性皮膚炎

柴犬の皮膚病である「アレルギー性皮膚炎」ですが、その原因は、アレルギー反応を起こしてしまう「アレルゲン」が原因で起こる場合が多いのだそうです。

アレルギー性皮膚炎の仕組みについてですが、柴犬の体に侵入してくる異物に対して、体の抗体が過剰な反応を起こしてしまいます。

 

要は体に悪影響を及ぼすものとして、抗体が排除しようとして活発な活動を始めるということですね。

その活動の結果として柴犬の皮膚に炎症をおこしてしまう皮膚病なのです。

この皮膚病は柴犬に限らず、犬にとってかなり多い病気なのです。

 

ですから、柴犬に限らないと言うことなのですけど、柴犬がかかる病気としてもっとも多いというのも、これくらいしか病気にかからないから目立ってしまうということですね。

他に白内障があるのですけど、これも老犬なったらどんな犬種でも漏れなくかかる疾患ですから、柴犬に限らないのです。ですから、柴犬は皮膚が弱いという通説があるのですけど、これは間違いで、これしかかかる病気がないと考えるほうが正しいのです。

そう思うと柴犬って本当に病気に強いんだなって思いますよね。

 

柴犬のアレルギー性皮膚炎の症状は?

柴犬の皮膚病の中で最も多いアレルギー性皮膚炎ですが、その症状はどういったものでしょうか。

アレルギー皮膚炎の症状は、かゆみだけではありません。

 

かゆくなって柴犬がかきすぎて皮膚が赤くなるといった2次被害を考える人も少なくないようですけど、アレルギー性皮膚炎はかく前にすでに赤くなりますからね。

症状としてはかゆみや赤くなる他に、外耳炎や下痢といった症状を引き起こすことが知られています。

 

外耳炎は、耳の内部なのですが、柴犬の中でも皮膚がむき出しになっている部分ですから、よくわかるんですよ。

それと、アレルギー性皮膚炎で下痢?と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、食べることでアレルギーを起こすことを考えると皮膚病と下痢というのは、柴犬にとってはセットみたいなものなんですよね。

このことから、何かを口から摂取することでアレルギー反応を引き起こすことがよくあるのですが、他には接触性の場合だったら、アレルゲンが柴犬の皮膚に触れることで、触れた部分に炎症が起こることがあります。

当然、かゆみも出てきて湿疹状態になるんですよ。

柴犬のアレルギー性皮膚炎の対策は?

柴犬のアレルギー性皮膚炎の対策ですけど、これは皮膚病全般に言えることですが、アレルギーの元となる異物を特定することですね。

そして、あたりまえのことですけど、それを避けることで、発症を抑えることができます。

また、症状のコントロールを行うようにするんです。

 

病院では、血液検査をしてアレルゲンの対象がはっきりわかった場合にそれを取り除くことができます。

それが、アレルギー性皮膚炎の有効な治療になるのですね。

 

主な対策として、ドッグフードを「アレルギー専用食」に切り替えるといった食事療法があるんです。

これは、病院の先生が指導してくれますよ。

接触性の場合ですけど、これは毛布などが影響することが多いので、毛布を取り除いたり、寝床のクッションなどを変えてみましょう。

 

柴犬の散歩にも注意

接触性の皮膚炎も柴犬はよくかかります。

その主なものとして散歩ですね。

外の植物に接触することでアレルギー性皮膚炎になってしまうことが多いんです。

 

ですから、柴犬を散歩に連れ出すときは、洋服を着せることも対策の一つですよ。

よく、綺麗な服を着せている犬に出くわすことがあるのですけど、お洒落させてるなーと思うよりも、あれも皮膚病対策かなって思うようになりましたからね。

 

服を着せるほかには、散歩コースを変えてみるのも対策の一つですよ。

散歩コースを変えると柴犬が嫌がったりするのですけど、そこは飼い主の特権で言うことを聞かせてあげてくださいね。

 

アレルギー性皮膚炎の治療について

皮膚病の症状がひどいときは、病院に頼るしかないのですが、治療としては、ステロイド剤や抗アレルギー薬を使用することが多いです。

そして、飼い主さんのほうでできることは、柴犬の皮膚を正常に保つため、サプリメントやシャンプーなどを使ってスキンケアをしましょう。

柴犬に適した薬用シャンプーがあります。それを患部に浸透させるように洗うことで、皮膚病の症状を和らげることができるんです。

 

柴犬と皮膚病のまとめ

柴犬の皮膚病が厄介なのは、完治ができないことです。

しかし、原因がわかれば予防することができますし、有効な対策を立てることができます。

 

また、皮膚病を発症しても原因がわかっているので治療も的確に行うことができるのです。

大事に至る病気ではありませんが、柴犬がかゆがっていたりしたらかわいそうですからね。

飼い主さんのほうでしっかり予防とケアをするようにしてください。

 - 柴犬の病気、体調不良 , , , ,

  関連記事

柴犬がご飯を食べないときの原因。症状のチェックリストと対処法

柴犬は本来、とても頑丈な動物です。 長く室外で飼われていたこともあって、小型犬で …

柴犬が震える原因はなに?呼吸が荒いなどの症状別の対処法

柴犬がときたま体を震わせていることはないでしょうか。 柴犬の体が震えるのは、何か …

皮膚炎になりやすい柴犬のアレルギー対策。ドックフードを見直してみよう

柴犬はとても頑丈で健康的なイメージですね。 足腰もしっかりしていて走るのも速いの …

長生きするために気を付けよう!柴犬が注意したいかかりやすい病気まとめ

大好きな柴犬ですから、少しでも長生きしてもらって一緒にいたいですね。 それでも柴 …

柴犬が下痢をする5つの原因。続くときの対処法について

柴犬は頑丈で病気にも強いのですが、とはいっても長く一緒に生活していると病気の一つ …

【闘病記録】柴犬の認知症の症状と原因。できる対策はいっぱいある!

柴犬にも人間と同じように認知症があるんです。 ドッグフードなどの栄養がよくなって …

柴犬がかかりやすい目の病気。目やにや目の周りが黒いのはなに?

柴犬は本来頑丈で健康体ですから、それほど大きな病気はしません。 それでも、目の病 …

柴犬はアトピーになりやすい!皮膚炎の対策とシャンプー方法

柴犬は健康的な犬で病気にも強いのですが、唯一のウィークポイントがあるんです。 そ …