柴犬LOVE

犬と言えば柴犬!子供のころから柴犬を飼っている、ブリーダーのサイトです。柴犬は犬のなかでも賢く、愛嬌がある犬です。柴犬のよさを引き出す飼い方やしつけ方法、長生きの秘訣までをご紹介します。

*

柴犬を外飼いする方法。冬場の寒さ対策から長生きさせる飼い方まで

   

柴犬も室内飼いが進んできましたが、かつての日本犬はほとんどが外飼いだったのです。

柴犬は本来狩猟犬として活躍してきて、さらに番犬として飼われてきたのですから、外飼いが基本だったのですよね。

外飼いでも問題なく飼うことができますが、それには注意したいこともあります。

今回は、柴犬を外飼いするときの方法と注意点をご紹介します。

柴犬と外飼い

柴犬は本来は、番犬として外で飼われてきたものですが、近年は室内飼いすることが多くなってきました。

というよりも、外で犬を飼っている家庭を見ることはなくなりました。

それだけ、人間と犬の関係がより近くなってきたと考えていいでしょう。

 

しかし、それでも柴犬らしく番犬として外で飼ってみたいと思う人もいると思います。

ここでは、柴犬を外飼いする上での注意点も含めて、外飼いについて説明しますね。

 

柴犬の外飼い

犬は室内で飼うものと思っている人にとって、反対に犬は外で飼うことができるの?なんて考えてしまう人もいるのではないでしょうか。

柴犬と日本人の長い歴史の中で、柴犬が室内飼いされているのはつい最近のことなのです。

 

柴犬はずっと外で飼われてきて、人間のための番犬として働いてきたんです。

ですから、柴犬は本来夏の暑さや冬の寒さにとても強い犬種なのです。

 

長年日本中に住んできたので、日本の気候に合っているのは間違いないでしょう。

また、柴犬はオオカミの直系とされているくらい野生に近い犬でもあるので、外飼いには向いてますよ。

 

近年、柴犬の室内飼いが流行ってきたのは、洋犬の小型犬などを室内で飼い始めたことが大きいでしょう。

それと、温暖化などで夏の暑い室外で飼っていると蚊がたかってきたり、暑さでへたってしまうことからの対処も要因となっているのは間違いありません。

 

外で飼う?中で飼う?

秋田犬を飼っていたのですけど、中型犬ですからね。

なんの迷いもなく外飼いをしていました。

そう考えると柴犬も外飼いでも良かったと思うのですけど、わたしの場合は柴犬は小型犬で小さかったので、なんとなくですけど、室内で飼ってみようかなと思ったんです。

 

当時は室内や外飼いといったように柴犬の飼い方も千差万別でしたね。

それと、もう何年にもなりますけど、飼い主と犬がとても近くなったのも要因でしょう。

 

言うなれば家族の一員ということが言えますよね。

わたしもいつのまにか犬は室内で飼うものと考えるようになりましたから。

 

ですので、今は柴犬は室内飼いが一般的ですよね。

冬場の寒さ対策などもありますし、何よりも室内飼いのほうが外で飼うよりも長生きするとなると、これ以上の理由はなくなってしまいそうですからね。

 

柴犬外飼いするとしたらいつから?

実は、柴犬も子犬の時期だけ室内飼いをして、大きくなったら外飼いに変えるという家庭もあるようなんです。

大きくなるとなんていっても、いつくらいから外飼いにしたらいいのか悩んでしまいますよね。

実際に柴犬を外飼いにするタイミングというのはいつくらいなのでしょうか。

 

柴犬は日本犬ですから、日本の気候に合っています。

ですから、外飼いするのは理にかなっているとも言えるでしょう。

 

柴犬を外飼いすることに何の問題もないのです。

柴犬をいつから外飼いにするのかは、状況次第ということですね。

つまりは、生まれたばかりでなければいつでもいいということです。

 

季節で外飼いの時期を決める

もっとも、生まれたばかりではなくて幼犬のときに外に出して飼い始めるのもなんとなく、かわいそうな気がします。

とはいっても、成犬になるといろいろ我を通してくることもあるので、素直な幼犬のときに外飼いにするほうがスムースに対処できるという考えもあります。

飼い主によってもいろいろな考えがありますからね。

 

いろいろな考えがあるとなってしまうと、優柔不断な人はいつくらいから外に出そうか迷ってしまいますよね。

これは、飼い主の一存であればいつでもいいのです。

 

例えば、冬の寒い時期は柴犬もいきなりはつらいだろうし、最初は何かと慣れさせるために飼い主もついてやらなければいけないとなると、冬の寒い時期は大変です。

風邪を引いてしまうかもしれませんからね。

 

となると、夏はどうかというと、これもいきなりは日本の蒸し暑い夏をいきなり乗り切るのは大変そうです。

そうなると春先か初秋ということになります。

これに、柴犬の成長具合というか幼犬から成犬になるくらいであれば、どちらの季節でも大丈夫ということになりますね。

外飼いの注意点

外飼いには室内外にはない注意点があります。

ここでいくつか紹介します。

 

小屋を設置

小屋の設置場所を考えましょう。

いわば柴犬のおうちですね。

柴犬にとって、うるさくなくて平穏無事に過ごせるところが大切です。

 

いわば落ち着く場所ということですね。

番犬としてなら、入り口に近いところがいいのですけど、遠くても知らない人が来たらきちんと吠えてくれるので、正面であればどこでもいいので、柴犬の落ち着ける場所を優先するようにしてください。

 

また、風や雨がしのげるところが基本です。

また、直射日光を遮る場所であることも必須ですよ。

 

それと、道路で車や歩く人が目に入ってストレスを感じるようでしたら、それも考慮するようにしてください。

通行人が通ることでストレスを感じるなら、小屋の位置を考え直しましょう。

 

害虫対策

主に蚊ですね。

外飼いの場合は、春から夏にかけて蚊の対策をするようにしましょう。

犬小屋の周りに水のたまるような場所があると要注意です。

 

また、植木鉢に水が溜まってはいないでしょうか。

排水溝などに水が溜まっていても蚊が発生します。

できるだけ蚊が発生しないような」環境作りが必要になりますよ。

 

夏場の特に夜などは、ペット用の蚊取り線香などを焚いておくのもいいでしょう。

それと、蚊の対策として有効なのが、蚊よけの服が発売されているんです。

これは友人が柴犬に着せているのですけど、効果抜群だそうですよ。

外飼いの秘密兵器として重宝しそうですね。

 

夏の暑さ対策

夏の注意点はとにかく暑さです。

柴犬のほうが人間よりも熱中症にもなりやすいということをよく理解しておきましょう。

 

日中を通して日の当たらないような場所がいいのですけど、場所によっては日中でも1時間程度日が当たるくらいのほうが逆にいいという説もあります。

このあたりの加減が難しいのですけど、試行錯誤してしっくりくる場所を選ぶようにしてください。

 

冬の寒さ対策

柴犬はなんとなく寒さに強い犬種というイメージがあるようですけど、普通に寒いですよ。

ですから、寒さ対策はとても大切です。

犬小屋の中に毛布やフリースを入れておいてあげましょう。

 

犬小屋の周りを段ボールや断熱材で囲ってあげるのも効果的ですよ。

それとペット用のヒーターや湯たんぽ、さらには使い捨てカイロなどもいいでしょう。

あまりにも寒いときや雪が降るような日は家の中に入れてあげる配慮も忘れないようにしてください。

 

外飼いと寿命

一般的に外飼いの柴犬は、室内外の柴犬よりも寿命が短いとされています。

それは、夏の暑さや冬の寒さにさらされること、それに害虫などの影響を受けることで病気になりやすいからです。

これは間違いのないことです。

 

室内飼いにすることで、ドッグフードの改良の影響もあるかもしれませんが、柴犬の寿命が飛躍的に伸びたのは間違いありません。

このあたりは判断に迷うところですが、外飼いが本来の柴犬のあるべき姿と考えることもできます。

 

これは、飼い主の判断ですから、何とも言えないですね。

室内飼いでも外飼いでも、変わらぬ愛情を柴犬に注いでほしいものです。

 - 柴犬の飼い方 , , , ,

  関連記事

あの人懐っこい柴犬がなつかない?2つの原因を見直して仲良くなろう!

柴犬がなつかない…そんな悲しい思いをしている飼い主も少なくないでしょう。 なつか …

中型犬である柴犬を室内で飼う方法。一緒に暮らすためのしつけ方法

柴犬は中型犬に分類される犬種です。 柴犬でも室内飼いが増えてきましたが、実際に室 …

ブラッシングが楽になる!柴犬の毛に適したおすすめブラシ

柴犬は日本古来の犬ですから、日本の四季に順応した犬種です。 そして、被毛のお手入 …

柴犬に似合うおすすめハーネスはこれ!安全性と使い勝手もばっちり

柴犬のお散歩アイテムは数多く、様々な選択肢があるのが現状です。 そうなると、飼い …

嫌がるこでも大丈夫!柴犬の爪切り方法と誰でもできる裏技

柴犬の爪切りって誰でも苦労しているのではないでしょうか。 じっとしていないので恐 …

柴犬の抜け毛対策!たくさん毛が抜ける時期にする3つのこと

柴犬の抜け毛は多いですね。 初めて見たときはその抜け毛の多さにびっくりしたという …

柴犬は留守番が12時間できる!良いこに待たせるしつけ方法

柴犬は元々、狩猟犬であったり番犬として人間の役に立ってきた日本犬です。 番犬とし …

柴犬ブリーダーが教える!賢い柴犬にするための飼い方

柴犬は、利口な犬種ですから、しつけや飼い方によってとても良い柴犬に成長しますよ。 …

柴犬の寿命は15才。寿命を延ばすために飼い主ができる5つのこと

柴犬は家族の一員ですから少しでも長く一緒にいたいと思うものです。 しかし、悲しい …

柴犬の毛をトリミングしてみよう!お家でできる方法と頻度について

柴犬の抜け毛はとにかくすごいです。 そのため体毛の手入れは欠かせませんよ。 体毛 …