柴犬LOVE

犬と言えば柴犬!子供のころから柴犬を飼っている、ブリーダーのサイトです。柴犬は犬のなかでも賢く、愛嬌がある犬です。柴犬のよさを引き出す飼い方やしつけ方法、長生きの秘訣までをご紹介します。

*

中型犬である柴犬を室内で飼う方法。一緒に暮らすためのしつけ方法

   

柴犬は中型犬に分類される犬種です。

柴犬でも室内飼いが増えてきましたが、実際に室内で見ると大きいなというのが率直な感想だと思います。

そのような柴犬と室内で一緒にくらす方法をしつけを交えてご紹介します。

柴犬は室内飼いするべき?

何年も前から犬を室内で飼うのがトレンドですね。

大型犬でもガレージや土間など屋内で飼うようにしている家庭は多いでしょう。

うちも柴犬は屋内で飼ってますよ。

他の小型犬と同じような感じです。

 

最初、室内で見ると柴犬を「でかっ」と思ったものですがすぐに馴れました。

ですから、柴犬は室内でも飼えますね。

それでも柴犬を昔ながらの番犬として飼いたいのでしたら屋外で飼うのがいいでしょう。

 

しかし、温暖化が叫ばれていらい夏の夜でもなかなか気温が下がりませんし、冬は冬で寒さが厳しい日が続きます。

何年も前の犬は屋外で飼うのが当たり前という時代ではなくなっているのが現実なのです。

 

それと健康面や寿命を考えると室内外のほうが室外で飼うよりも明らかに寿命が長いのだそうです。

健康面では室内外のほうが、柴犬にとっては良いということですね。

 

できることなら柴犬も室内飼いをしたほうがいいでしょう。

元気ですから、家の中を走り回ることでしょう。

飼い主にも寛容さというか広い心が試されますね。

 

柴犬を室内で飼いたい

柴犬は日本犬の中でも、もっとも飼育しやすい犬種です。

中型犬なのですが、馴れてくるとそれほど大きいとは感じません。

また、柴犬は室内飼いでも、どのような住環境にも順応できます。

 

番犬や狩猟犬として、古くからずっと屋外で飼われていましたから、体も頑丈で、冬の寒さにも夏の暑さにも耐える力があります。

それでも、室外で飼うよりも室内のほうが健康的に良いのは寿命を考えたうえでも立証されてますからね。

 

いつまでも大好きな柴犬と一緒にいたいのならやっぱり室内で飼うのがいいでしょうね。

特に昨今ではマンション柴犬を飼うことも増えてきたようです。

 

決まった場所を作る

縄張り意識の強い犬ですから、室内でも自分の居場所というのが必要です。

特に柴犬はその傾向が強いですよ。

あちこちをうろうろする柴犬ですけど、よく観察してみると自分の場所を決めているのです。

 

そこでいいのなら飼い主が決めていいのですが、犬の場合は上下関係を厳しくしつけないと、犬のほうが偉いとか強いと勘違いしてしまう場合があります。

そうなると、飼い主の言うことを聞かなくなりますからね。

 

柴犬の思うようにさせないのもしつけの一貫ですよ。

ですから、柴犬の好きな場所があると思いますけど、そこは飼い主の都合で決めましょう。

言うなれば寝床ですね。

 

ケージを用意してもいいですし、馴れてきたらケージではなく犬用のバスケットの大きいのを寝床にしてもいいでしょう。

とにかく、自分だけのエリアが欲しいですから、飼い主がここと決めたところに従順に従わせるようにしてください。

 

柴犬の縄張りとなるところですけど、当然飼い主のほうが上ですから、出入りは自由ですよ。

その縄張りに揃えるのは寝床の他に水とドッグフードを入れる入れ物です。

寝床はクッションや毛布などを入れておいてあげましょう。

 

寒ければ勝手に潜り込んで寝てくれますよ。

最近流行のものは使い勝手が研究されているので、しっかりとリサーチしてください。

ペットショップで最近流行のものを購入するといいでしょう。

トレイトレーニングはしっかりと

馴れてきたらきちんとウンチおしっこをここでしてくれるはずです。

しかし、うんちもおしっこも朝夕の散歩タイムにきちんとしてくれるようになるので、柴犬の場合は特に注意したいのが散歩です。

散歩だけはきちんと連れて行くようにしてくださいね。

 

場所の注意点としては、エアコンの風が直接当たらないところです。

うちでは居間なのですが、ソファの横に置いています。

 

散歩は朝夕欠かさないのですが、トイレマットも傍に置いてますよ。

散歩には必ず連れて行くからトイレトレーニングはしなくてもいいという人も少なくないようです。

しかし、トイレトレーニングは飼い主がするべきことの基本中の基本です。

 

トイレトレイ-ニングがしっかりできない人は飼い主失格ですからね。

室内飼いの基本としてトイレトレーニングはきっちりとするようにしてください。

 

トイレトレーニングの開始時期は、家に柴犬が来た日からです。

徐々にゆっくりと始めるのもいいのですが、子犬の場合でしたら、成長が早いのですぐにでもトップスピードでトイレトレーニングをしましょう。

 

もちろんあらかじめ、柴犬を迎える前にトイレは用意しておかなければいけませんよ。

トイレトレーニングに関しての基本は柴犬の「排泄のタイミングを知る」ことが大切です。

 

そして、柴犬の「排泄のサインを見逃さない」ことです。

これは、だんだんとわかるようになります。

柴犬によって性格が違ったり個体差があります。

 

おしんこウンチをしたいときというのは何かそわそわしたような感じになりますし、「くーんくーん」と言いながら寄り添ってくるときは、何かを訴えたいときです。

そのときはトイレのサインの場合が多いですから、トイレシーツに連れていくようにしましょう。

 

飼い主が先導して連れていってもいいですし、指差しでできるようになったら楽ですよ。

トイレができたら思いっきり褒めてあげてください。

 

うちの場合は、散歩を欠かさなかったので外でしかウンチおしっこをしなくなりました。

それはそれで楽ちんなのですけど、これって万々歳というわけでもないのですよね。

というのも雨の日はどうしたらいいですか?

 

雨の日だからって室内でウンチおしっこをしてくれないのです。

雨でも頑なに外に出たがりますからね。

 

しかも散歩コースも決めているので決まった場所でしたがるのです。

雨でも風の強い日でも台風の日や雪の日でもおかまいないです。

 

これも困りものですよね。特に雨のときは体が濡れるので、拭いてあげないといけないし、柴犬専用のカッパがないかなと真剣に探したこともありますよ。

ですから、理想は散歩のときにウンチおしっこをしてくれながら、雨の日など散歩に行かないときは室内でウンチおしっこをしてくれることですね。

 

これからという人は、是非ともそういったトイレトレーニングに是非ともチャレンジしてください。

理想は、「ここがトイレだからね」といって臨機応変に指定したところでウンチおしっこをしてくれることです。

これってけっこう大変ですよ。

 

でも、これができる犬もたくさんいますから、ここは飼い主の腕の見せ所ですね。

室内飼いの場合はしつけが大切ですから是非ともトイレトレーニングにしっかりと取り組んでください。

 

柴犬には換毛期がある

柴犬だけじゃなくて犬は体毛が抜け替わります。

しかし、その中でも柴犬の抜け毛は激しいですよ。

それも年に2回春先と秋口にありますから大変です。

 

放っておいていいという意見もあるのですが、抜け毛があちこちに散乱しますから、そっちの掃除のほうが大変になります。

ですから、先に先に対処するのです。

どういうことかというとブラッシングですね。

 

春先に、柴犬を膝の上に乗せてブラッシングをして上げたらたくさんの抜け毛があると思います。

たくさん抜けてもその場で処理ができるのですから、抜けた毛が辺りに散乱することはないですよね。

それと、ブラッシングして上げる最大のメリットは柴犬の毛並みを整えることです。

 

何もしなければ、抜けた毛が抜けない毛に絡みついて毛玉になったりしますから、見た目がよくないのです。

きちんとした毛並みを維持するためにも柴犬の換毛期にはしっかりと抜け毛対策としてブラッシングをしてあげてください。

 

柴犬も気持ちがいいのかブラッシングのときはおとなしくしていますよ。

じっとしていないようでしたら、軽く一喝するような感じで言うことを聞かすようにしてください。

上下関係を改めて教える意味でもブラッシングの効果があるのです。

 

しつけの基本はほめること

トイレとレーニングのところでも書きましたがしつけの基本は褒めることです。

ですから、上手にできたとき言うことを聞いたときはしっかりと褒めてください。

 

犬は褒められるとしっぽをふってきます。

褒められて嬉しいのですね。

頭を撫でてあげるとさらに喜びます。

そうやってスキンシップをしながら上手に室内飼いのしつけをしてください。

 - 柴犬の飼い方 , , , ,

  関連記事

成犬の柴犬の大きさは平均体重11㎏。成長による体重の変化について

柴犬は犬の中でも中型犬に分類されています。 柴犬の平均体重は11kgということで …

柴犬の抜け毛対策!たくさん毛が抜ける時期にする3つのこと

柴犬の抜け毛は多いですね。 初めて見たときはその抜け毛の多さにびっくりしたという …

一人暮らしの相棒は柴犬がおすすめ!一人で飼うときのポイント

一人暮らしの寂しさを柴犬を飼うことで解消したい。 そう思う人は少なくないでしょう …

柴犬は脱走の達人!脱走防止の2つの対策と発見するための探し方

柴犬はすごく活動的な犬です。 常に動き回っているので、隙あらば脱走することも…。 …

柴犬の毛をトリミングしてみよう!お家でできる方法と頻度について

柴犬の抜け毛はとにかくすごいです。 そのため体毛の手入れは欠かせませんよ。 体毛 …

いつでもクリーンな匂いの室内に!柴犬の効果的な臭い対策

柴犬は綺麗好きな犬です。 自分の住んでいる場所でうんちおしっこをしたがりません。 …

柴犬と猫は相性がいい?悪い?一緒に飼うとき気を付けること

柴犬と猫を一緒に飼っているという人も少なくないと思います。 そして猫と同じように …

柴犬が老犬になったときの生活とお世話方法。食事から徘徊まで

柴犬も飛躍的に寿命が延びました。 寿命が延びてくると柴犬にも人間と同じような老化 …

あの人懐っこい柴犬がなつかない?2つの原因を見直して仲良くなろう!

柴犬がなつかない…そんな悲しい思いをしている飼い主も少なくないでしょう。 なつか …

柴犬の生後5ヶ月目はしつけにとって大事な時期!反抗期の接し方

生後5ヶ月の柴犬となると、ちょうど反抗期にさしかかる頃ですね。 柴犬にも反抗期? …