柴犬LOVE

犬と言えば柴犬!子供のころから柴犬を飼っている、ブリーダーのサイトです。柴犬は犬のなかでも賢く、愛嬌がある犬です。柴犬のよさを引き出す飼い方やしつけ方法、長生きの秘訣までをご紹介します。

*

柴犬とチワワの相性について。多頭飼いするときは注意しよう

   

柴犬も良いけどチワワも飼いたいという人にとって多頭飼いはどうなのでしょうか。

そもそも、柴犬とチワワって共存できるの?相性は?

そういった悩みを抱えている人もいることでしょう。

一緒に飼えない…というのではなく一緒に飼ういわゆる多頭飼いについての注意点などをみていきましょう。

柴犬とチワワの相性は?

柴犬に飽きてきたというわけではないのですけど、他の犬種も飼ってみたいという欲求は犬好きにとってみては当然のことですね。

私も柴犬の他にチワワを飼っています。

結論から先に言ってしまうと、十分に柴犬とチワワは共存できますよ。

 

というよりも多頭飼いには、柴犬とチワワは向いているのではないかなと思います。

これは持論になるのですけど、柴犬ってとても寂しがり屋なんですよ。

 

ですから、一匹で飼うよりも多頭飼いがとても向いている犬種だと思うんです。

それなら、同じ柴犬を飼えば?となるのですが、そこは飼い主のエゴではないのですけど、どうせ飼うなら他の犬種も飼ってみたいですからね。

 

そこで気になってくるのは、柴犬とチワワの相性です。

どちらも攻撃的なら一緒に飼うのは断念しようかなと思うのですけどね。

 

相性の確認の仕方

まずは柴犬とチワワの相性を確認しなくてはいけません。

私の場合は簡単に相性の比較ができたんですよ。

というのも、柴犬を毎朝毎夕散歩に連れて行っていたのですけど、そのときにチワワを連れた人とよくすれ違っていたんです。

 

というよりも時間を決めていけば自ずと毎日会うようになりますからね。

そしてうちの柴犬とチワワがすごく仲良くなったんですよ。

 

それで、私もチワワの可愛さに参ってしまって、いつか飼いたいなって思ったんです。

相性もばっちりそうというか、柴犬があんなに社交的だとは思ってませんでしたし、家の中ではとにかく遊びたがりでもう一匹犬がいたほうがいいのかな、なんて思ったんです。

 

実際には柴犬って、社交的でありながら縄張り意識の強い犬種でもあるんですよ。

ですから、自分の生活空間の中に他の犬が入り込んで来たら攻撃的にならないのかなって、そこが心配だったんです。

まあ、そういった点も実際にチワワを家に迎え入れたら問題ないということがすぐにわかりました。

 

柴犬とチワワを飼い始めた

正確には柴犬を飼っていた生活空間にチワワを迎え入れたということになります。

それでも、まったく同じところにチワワの生活空間を作ったということではなく、最初のうちは寝床を離しましたし、トイレシートや餌も別々でしたよ。

 

多頭飼いのポイントとして、まずは別々の生活空間を作ることが先決となります。

まずは別々にして様子を見るということですね。

 

縄張り意識が強いとずっと別環境で飼うということになるようです。

柴犬の縄張り意識が強いのは私もよく知っていたので、最初というかずっと別環境で飼うようになるのかな、なんて思ってたんですよ。

 

最初は警戒

やっぱり最初は、柴犬のほうが警戒していましたし、チワワのほうが小さかったのでチワワはおびえてましたね。

だから、初顔合わせのときはどちらかというと、うまくいかなくて先が思いやられるような感じだったんです。

 

でもなんとなくですけど、柴犬のほうが興味津々だったのかな、尻尾振ってましたからね。

それって、柴犬が喜んでいる表現ですから、チワワが馴れてくれたらうまくいくかなという期待感はありましたよ。

 

それでも数日の間はお互いが自分の生活空間で様子見をしているような感じでした。

柴犬はすっかり大人で、チワワは幼犬ですからね。

 

チワワのほうから最終的にはすり寄っていった感じになりました。

柴犬のほうも興味津々でしたから、ぎこちなさもありながらくっつきあってたんですよ。

そのうち同じ餌を食べるようになったくらいから、一緒に寝るようになったのにはびっくりしました。

散歩はどう?

気になったのは散歩でしたね。

最初は面倒でも柴犬とチワワを別々に散歩に連れていってました。

これって、単純に時間が倍かかるのですから大変でしたよ。

これがずっと続くのだったらチワワは手放すかなと考えてましたからね。

 

それでも、馴れてきた頃から、一緒に散歩に連れていっても違和感はまったくなくでした。

チワワのほうが小さいので柴犬がチワワのペースに合わせてくれたんですよ。

 

これは驚きでしたね。

体力的には柴犬のほうがチワワよりも上ですし、チワワは幼犬でしたから、柴犬のほうはもの足りなかったんじゃないかなって思います。

 

でもそれも最初のうちだけで、チワワのほうが柴犬に付いていくようになるくらいからは、柴犬のほうのストレスもなくなってきたんじゃないかなって思います。

 

一緒に寝るようになった!

餌は早いうちから一緒に食べるようになったのですが、ずっと別々の寝床だったんですよ。

自分の匂いもあるからそれはこっちも気にならなかったんですけど、いつのまにかチワワのほうが柴犬と一緒に寝たがるようになったんです。

 

重なり合って寝ていたので、柴犬のほうが窮屈そうだったのですが、それもガマンして一緒に寝ているのが微笑ましかったですよ。

最初は無理してつきあっているのかなと思っていた柴犬も、チワワと一緒に寝るのが普通になってきたみたいで、今ではどっちも一緒に寝るのが当たり前にみたいになってきたんです。

 

といって、寝る時間はチワワのほうが長い印象ですね。

ですから、どっちも寝る時間をどちらかに合わせるというわけではなくて、あくまでもマイペースですよ。

そういったところもいいんでしょうね。

 

トイレは?

気になるトイレですけど、トイレシートは別々ですね。

ですから、手間も2倍かかるのですけどこういったところは仕方ないかな。

同じところにおしっこやうんちをしたがらないのは、犬の習性みたいなものがあるのでしょう。

 

柴犬とチワワを一緒に飼ってみると

私の場合は本当に楽でした。

一緒に飼ってみて良かったのですけど、こればかりは犬同士の相性もあるから何とも言えないですね。

 

それでも、柴犬のほうが許容できるような気がするんです。

しつけは普通にしてきましたし、ケンカもじゃれあう程度だったので心配は無用でしたね。

 

多頭飼いの注意点としては、最初から一緒に住まわせるのではなくて、生活環境は別々にして自然と柴犬とチワワが近づいていくように仕向けたのが我ながらよかったのかなと思いましたよ。

 - 柴犬の基本 , , , ,

  関連記事

柴犬の平均値段まとめ。種類と毛色の違いで価格が数万円変わる!

柴犬は日本に古くからいる日本犬です。 もちろん犬種登録されている血統書付きの犬と …

柴犬の種類について。5種類の色や性格、由来の違いがあった!

柴犬というのは単一の犬種と考えている人もいるかもしれません。 しかし、柴犬にも種 …

魅力満載!柴犬好きなら読んでおくべきおすすめ良本5冊

柴犬が大好きな人は、柴犬が出てくる本にも興味津々ですよね。 探せば柴犬を特集した …

柴犬は性格的にあまり吠えないことが多い。その理由とは?

犬も犬種によってはまったく吠えないこともあるようです。 柴犬は反対に吠える犬種と …

健康な柴犬を飼うための質の高いペットショップの選び方

柴犬を飼うにはまずはペットショップ選びから始めなくてはいけません。 健康な柴犬を …

柴犬のブリーダーはピンキリ!質の良いブリーダーを見極める方法

柴犬を飼うにはペットショップから…という人は多いことでしょう。 そして、もう一つ …

柴犬が猟犬である由来。人間を守ってくれる存在だった!

柴犬はもともと猟犬だったんです。 そのため、柴犬の特徴や性格には、今も猟犬である …

かわいいプニプニにはこんな役割が!柴犬の肉球に隠された秘密

柴犬の魅力はなんといっても人懐こくて可愛いところです。 一方で肉球に大きな魅力を …

主役は柴犬!全国にあるおすすめ柴犬カフェ。料金からメニューまで

全国には柴犬とふれあうことのできる柴犬カフェなるものがあるのです。 猫カフェがあ …

柴犬にサマーカットはしないほうがいい理由。毛が生えなくなってしまうかも!

暑い夏が来ると、柴犬のためにサマーカットしようという飼い主さんは多いのではないで …