柴犬LOVE

犬と言えば柴犬!子供のころから柴犬を飼っている、ブリーダーのサイトです。柴犬は犬のなかでも賢く、愛嬌がある犬です。柴犬のよさを引き出す飼い方やしつけ方法、長生きの秘訣までをご紹介します。

*

柴犬と豆柴って何が違うの?大きさから性格までを徹底比較!

   

豆柴は柴犬の一種なのですが、大きさがかなり小さいです。

柴犬も小型犬に分類されるのですが、その柴犬よりも一回りも二回りも小さいのですから、小型犬が好きな人にはたまらないのが豆柴ですね。

豆柴の見た目はまったくの柴犬なのですが、中身や特徴は少しばかり違うようです。

小型犬だけに飼い方にも注意が必要かも…そんな豆柴についてをご紹介します。

豆柴と柴犬

柴犬の成犬となると、その体高はオスで、38㎝から41㎝くらいです。

メスは、35㎝から38㎝くらいですね。

体重は、オスで8kgから11kgくらいで、メスが7kgから10kgくらいとなります。

 

大きさや体重からみても犬全体の中では柴犬は小型犬の部類に入りますね。

一方の豆柴なのですが、成犬でこの大きさに満たない柴犬が豆柴となるのです。

実は豆柴という犬種はなくて、柴犬の小さいタイプという括りになってしまうのですね。

 

豆柴の特徴

豆柴は柴犬の突然変異といったものではなくてれっきとした「豆柴」という種類になってペットショップでも販売されています。

それでもブリーダーの人から聞いた話ですけど、豆柴の両親から生まれた子犬は、全てが豆柴というわけではないようですね。

 

ですから狙って豆柴の赤ちゃんが生まれてくるというわけではなくて、ある程度博打的な要素があるようですよ。

わたしは豆柴を飼ったことはないのですが、見ているととても可愛いですよね。

 

それで、平均的な豆柴の成犬のサイズなのですが、体高が30㎝から32.5cmで体重が4kgから6kg程度となっています。

こうしてみると、柴犬よりも二回りくらい小さなイメージでしょうか。

 

もう一度豆柴についてまとめてみますけど、豆柴は独立した犬種として柴犬のように認められているわけではありません。

前述したようにあくまでも、柴犬からの派生型という位置づけになっているのです。

それでも、豆柴の歴史ってけっこう古いんですよ。

 

あくまでも、たまに柴犬の中で小さいのが生まれてくるなって感じだったらしいです。

狙って豆柴をうませようとしたブリーダーも昔からいたのかもしれませんが、柴犬よりも小さい大きさが30cmくらいということで、「尺柴」なんて呼ばれていたようです。

 

他には「小柴」なんて名前も使われていましたし、小柴というのは人の名字にも見かけることができますよ。

それにしても尺柴というのは昔の人も良いネーミングをつけましたね。

 

豆柴の毛色

柴犬の毛色は、赤毛、黒毛、白毛、胡麻毛といった4種類に分けられるのですが、豆柴の場合は毛色はどうなっているのでしょうか。

毛色は豆柴も柴犬も同じ種類があります。

 

赤毛、白毛、黒毛、そして、胡麻毛には赤胡麻、黒胡麻といったように別れて呼ばれていて、一見すると豆柴のほうが色数が多いように見えますが、赤胡麻も黒胡麻も一括りに胡麻毛とする場合が多いので、柴犬と豆柴は同じ毛色と考えていいでしょう。

実際に一番多い毛色は赤毛であり、その割合は9割ということですから、柴犬とほぼ同様の確率となっています。

 

豆柴の歴史

豆柴の歴史を紐解いてみましょう。

尺柴とも呼ばれていたというくらいですから、その歴史はかなり古そうですね。

 

前述したように豆柴は一つの犬種として認められているのかというと、これはかなり微妙なようですよ。

実際に日本犬保存会という組織があるのですが、そこでは豆柴というのは犬種として認められていないのです。

 

その日本犬保存会と双璧となっている組織が、ジャパンケンネルクラブなのですが、ここでも豆柴は公認されていません。

また、豆柴は柴犬の派生型というイメージなのですが、柴犬の中でも小動物を狩るための狩猟犬として当時の漁師が独自に繁殖させたのが豆柴という説もあります。

 

それでも、狙って繁殖したわけではなく、稀に生まれた柴犬の小型犬を小柴や尺柴と呼んでいたというのが本当のところでしょう。

この豆柴のネーミングは近年になってからですが、親しみやすいネーミングと実際の豆柴の見た目の可愛さから、一般に広く認知されるようになったのです。

 

豆柴は近年ブームのように爆発的な人気が出たことから、短期間の間に無理な交配を行うなどして作出していると批判を受けることもありますが、戦前、またはそのはるか昔から「小柴」という存在が猟師たちの間で保存されてきたと考えられているのです。

そのため、それらの歴史を引き継ぎながら長年「小柴」「豆柴」の繁殖を行っているブリーダーもいます。ただし、中にはブームに乗って血統や体の負担などをきちんと考えずに、サイズだけにこだわって「豆柴」を作り出しているブリーダーもいるので注意が必要です。

柴犬の歴史

柴犬の歴史も簡単にみておきましょう。

柴犬は日本古来の固有種となっています。

縄文時代の昔から日本人と生活を共にしてきた犬種です。

山岳地帯を中心に猟犬として飼われてきました。

 

縄文時代の貝塚などからも、柴犬の犬の骨がたくさん発見されているようですよ。

昭和11年に国の天然記念物に指定されているくらいですから、かなり数は減っていたみたいです。

 

現在の柴犬の隆盛は保存に尽力されてきた人たちの努力の賜なのでしょうね。

柴犬は日本はもちろん世界中でも人気の高い日本を代表する犬種なんですよ。

 

豆柴と柴犬の性格の違い

豆柴は柴犬の派生型ですから、柴犬そのものと考える人が多いのですけど、不思議なことに柴犬と豆柴は性格が違うようなんです。

そのあたりを説明しますね。

 

豆柴の性格

豆柴は柴犬よりも小さいので、成犬になっても見た目がコロコロして可愛いですね。

性格は柴犬と変わらないという人が多いのですが、ちょこちょことよく動き回るので、柴犬よりもさらに恐い物知らずで大胆な印象を受けます。

悪く言えば無鉄砲なのですが、よく言えば無邪気というところですね。

 

基本となる性格は柴犬と変わりませんから、飼い主にとても忠実ですし、しつけも楽ですよ。

飼い主や家人以外には懐かない性格も柴犬そのものですね。

 

柴犬といえば吠える、噛みつくというイメージが強いのですが、豆柴もしっかりとしつけをすることでこのあたりの性格は気にならなくなるでしょう。

幼犬でしたら、自分でしつけをしなくてはいけないのですが、1歳くらいの豆柴の場合は、すでにしつけが済んでいるので初心者には1歳くらいの豆柴がいいでしょうね。

 

豆柴の飼い方

柴犬を飼っている人だったら、何の違和感もなく豆柴を飼うことができるでしょう。

豆柴も柴犬も飼い主に非常に忠実な犬種です。

 

なんていうのか、場の雰囲気を読むことができる犬なんですよ。

ですから、飼い主が気難しい顔をしていると近寄ってこなかったり遠目で見たりとほんと可愛いです。

 

頭の良さを持っている犬種だからこそ、最初のしつけはしっかりと行いたいですね。

いい加減にしつけてしまうと、言うことを聞かなくなるので後で困りますよ。

 

豆柴も柴犬と同じですから、運動が大好きです。

ですから、朝夕の散歩は必須ですよ。

体力的には豆柴のほうが小さいので柴犬よりはないかなという感じですけど、これは体感的なものかもしれません。

 

豆柴を飼う際の注意点

豆柴を買ったつもりが、どんどん成長して結局は柴犬だったということもあります。

ですから、しつけされた成犬の豆柴を買うほうが失敗はないでしょう。

 

じつは確実に豆柴というのは、ブリーダーでもわからないそうですよ。

わたしの場合は柴犬大好きなので、豆柴でも柴犬でもどんとこいですけどね。

 - 豆柴 , , ,

  関連記事

豆柴は室内で飼おう!豆柴と人間が快適に過ごせる飼い方

小さい柴犬である豆柴は可愛いから人気ですね。 そんな可愛い豆柴は室内で飼うのがト …

柴犬の小さい種類がかわいすぎる!豆柴の体重は5キロと小型犬並み

柴犬の犬種は小型犬になりますが、柴犬の種類でもっと小さな犬種が豆柴です。 柴犬の …

豆柴は世界でもかわいい!海外の反応まとめ

世界中で日本犬はある一定の人気があったのですが、ここにきて豆柴が広く世界に知られ …

豆柴が大人になった成犬のデータ。体重や体格、性格までを解説!

豆柴は成犬になっても、柴犬の半分強くらいの大きさにしかなりません。 そんな豆柴が …

豆柴のしつけの基本は褒めてのばすこと。トイレや無駄吠えなど

豆柴のしつけはできるだけ早く行いましょう。 できれば子犬のときがいいですね。離乳 …

かわいくて癒されるおすすめ!豆柴のぬいぐるみ特集

豆柴のぬいぐるみは多いようで少ないのです。 これはと思ったものが柴犬のぬいぐるみ …

豆柴と柴犬の違いって?生まれた時の体の大きさのことではなかった!

豆柴と柴犬の違いは大きさの違いと考えている人は多いでしょう。 確かにそうなのです …

豆柴の散歩はどのくらいするべき?時間と頻度の目安について

豆柴も柴犬ですから活動的です。 豆柴も散歩が大好きですよ。 ここでは、豆柴の散歩 …

豆柴の寿命は平均10~12歳と柴犬よりも短いことが判明!その理由とは?

小さくて可愛い豆柴ですが、寿命はどのくらいなのでしょうか。 一般的に柴犬よりも寿 …

読んで楽しく見て癒される豆柴おすすめブログ5選

かわいい豆柴のブログは思った以上に多いです。 単に豆柴を飼っている人のブログから …