柴犬LOVE

犬と言えば柴犬!子供のころから柴犬を飼っている、ブリーダーのサイトです。柴犬は犬のなかでも賢く、愛嬌がある犬です。柴犬のよさを引き出す飼い方やしつけ方法、長生きの秘訣までをご紹介します。

*

ブラッシングが楽になる!柴犬の毛に適したおすすめブラシ

   

柴犬は日本古来の犬ですから、日本の四季に順応した犬種です。

そして、被毛のお手入れをしっかりとしなくてはいけない犬種でもあるのです。

四季がはっきりとしている日本の季節ですから、夏の暑さと冬の寒さに完全対応しなくてはいけないのですから、現在の柴犬の被毛も一年を通して大忙しで生え替わります。

 

そうなると当然ですが、ブラシを使ったブラッシングも大切になるのです。

今回は、柴犬のブラッシング方法と、柴犬の毛質にあったおすすめのブラシまでをご紹介します。

柴犬の毛質はどうなってる?

柴犬の被毛を見るとわかるのですが、とても短くてふっくらとはしていません。

そして、被毛が二層構造になっているダブルコートの犬種なのです。

ダブルコートというのは、上毛と下毛の2つから形成されているタイプの被毛となります。

 

上毛は剛毛となっていて、一年を通して生えています。

背中の辺りなどが上毛になり、お腹の辺りが下毛ですね。

 

上毛が剛毛なのには理由があって、とげなどの刺激から体を守ること、さらに雪や雨から皮膚を守るさらには体温の低下を抑える働きなどがあるのです。

赤柴、黒柴、白柴、胡麻柴といった柴犬の種類を表す体毛の色もこの上毛の色を表しているのです。

 

一方の下毛は綿毛となっていて換毛期に抜け落ちてしまいます。

下毛は上毛とは違った性質を持っていて、体温を保持すること、さらには水分の浸透を防ぐこと、そして紫外線から皮膚を守る働きがあるのです。

 

換毛期のブラッシング

柴犬の毛が生え変わる換毛期は、この下毛のケアが大切となるのです。

換毛期といっても被毛が一気に抜けて生え替わるわけではなく、場所ごとに順序立てて生え替わっていく感じですね。

 

これは、柴犬の体質にもよるのかもしれませんが、柴犬の換毛期は年に2回、春と秋にあるとされているのですけど、私の飼っている柴犬は年がら年中毛が生え替わっているような感じで、毛が抜けていくので年中換毛期のような感じです。

専用の掃除機もありますし、ちょっとしたことで抜けた毛の掃除をしたいので、ガムテープなどは欠かせないですね。

 

それと、抜けた毛は放っておくとチリジリになって毛玉となることも多いので、毎日ブラシをかけるといったブラッシングケアが必要になります。

これは、めんどくさいけど柴犬を飼っていたら受け入れるしかないですね。

 

また、このブラシを使ったケアが面倒だと感じる人でしたら、最初から柴犬を飼うのは断念したほうがいいです。

換毛期の時期は柴犬の体質によって違うみたいで、うちの柴犬みたいに年中無休で毛が生え替わるようなタイプの柴犬もいれば、はっきりと換毛期が年2回といううらやましい柴犬もいます。

 

こういうのは住んでいる環境やホルモンの関係など一概には言えないので、柴犬によって違うこと、そして柴犬の換毛期のブラシのケアは必須ということは覚えておいたほうがいいですよ。

スリッカーブラシがおすすめ


ONS スリッカーブラシ ソフトタイプ 中

柴犬のブラッシングに必要なグッズとしてのお勧めは、スリッカーブラシです。

これにコームを付けたら大丈夫。

私はいろいろ試行錯誤してこのスリッカーブラシに行き着きました。

 

スリッカーブラシは、曲がったピンが植え込まれたタイプの金属製のブラシなんです。

柴犬の大量の毛が簡単に取れるので重宝しますよ。

ただし、皮膚に当たると痛いですから、力を入れずに使ってあげるのがコツです。

 

このスリッカーブラシの良いところは、毛に挟まったゴミや毛玉なども簡単に取り除くことができるところです。

スリッカーブラシの他に通常のブラシも使いたくなるのですが、馴れてくるとスリッカーブラシ一本で大丈夫ですから、是非とも使いこなしたいところですね。

 

ブラシが固すぎて恐いという人のために、ソフトタイプのものもあります。

コームはクシです。

 

細かい目と粗い目の両方が付いているタイプで、スリッカーブラシと最強のコンビだと思って、重宝してます。

スリッカーブラシに付いた毛をとるのもコームがあれば大丈夫です。

 

他にもいろいろ

私は使っていないのですが、獣毛ブラシなどを好んで使っている人も少なくないようです。

獣毛ブラシは、柴犬の体毛の艶出しやブラッシングに慣らすために使い、豚毛でできているものが一般的です。

 

柔らかくて、柴犬の皮膚に直に当たっても痛くないので、ブラッシング初心者にはいいようです。

私は柴犬が小さいときにやっていました。

ラバーブラシは、ゴムでできたブラシで毛をすくというよりは、マッサージ効果の方に重点があるみたいですけど、柴犬にマッサージはどうかなって思いますけどね。

 

ブラッシングの時期

性格にもよるのですが、ブラシを使ったブラッシングに馴染めない柴犬もいます。

ですから、できるだけ早めにブラッシングに馴れさせておいたほうが良いです。

 

生後4ヶ月くらいでしたら、家に迎え入れる時期と同じくらいですから、すぐにでもブラッシングのしつけをするようにしたほうが後々が楽ですからね。

「ブラシ~」なんて叫んだら柴犬が来て横たわってくれて、ブラッシング待ちというのが理想なのですけど、そこまでしつけると本当に楽なのですけどね。

 - 柴犬の飼い方 , , , , ,

  関連記事

柴犬に似合うおすすめハーネスはこれ!安全性と使い勝手もばっちり

柴犬のお散歩アイテムは数多く、様々な選択肢があるのが現状です。 そうなると、飼い …

中型犬である柴犬を室内で飼う方法。一緒に暮らすためのしつけ方法

柴犬は中型犬に分類される犬種です。 柴犬でも室内飼いが増えてきましたが、実際に室 …

柴犬の寿命は15才。寿命を延ばすために飼い主ができる5つのこと

柴犬は家族の一員ですから少しでも長く一緒にいたいと思うものです。 しかし、悲しい …

嫌がるこでも大丈夫!柴犬の爪切り方法と誰でもできる裏技

柴犬の爪切りって誰でも苦労しているのではないでしょうか。 じっとしていないので恐 …

柴犬の毛をトリミングしてみよう!お家でできる方法と頻度について

柴犬の抜け毛はとにかくすごいです。 そのため体毛の手入れは欠かせませんよ。 体毛 …

柴犬の生後5ヶ月目はしつけにとって大事な時期!反抗期の接し方

生後5ヶ月の柴犬となると、ちょうど反抗期にさしかかる頃ですね。 柴犬にも反抗期? …

柴犬は留守番が12時間できる!良いこに待たせるしつけ方法

柴犬は元々、狩猟犬であったり番犬として人間の役に立ってきた日本犬です。 番犬とし …

柴犬に適切な犬小屋の大きさは何㎝?入らないときに見直すポイント

柴犬は本来は外で飼われてきた犬です。 番犬として活躍してきたのですが、最近では柴 …

いつでもクリーンな匂いの室内に!柴犬の効果的な臭い対策

柴犬は綺麗好きな犬です。 自分の住んでいる場所でうんちおしっこをしたがりません。 …

柴犬を外飼いする方法。冬場の寒さ対策から長生きさせる飼い方まで

柴犬も室内飼いが進んできましたが、かつての日本犬はほとんどが外飼いだったのです。 …